ホーム > 土地活用 > 土地活用のメリット

土地活用のメリット

土地活用の種類とメリット、そしてそれを成し得るための手法をご紹介します。

土地活用の種類

土地活用は、大別して「節税対策」「安定収益」の2種類に分けられます。

節税対策

土地を所有していると、固定資産税や都市計画税が課せられます。特に広い敷地面積や評価額が高いものほど、その負担額が大きくなります。
この固定資産税や都市計画税は地価に準じて決定されます。しかし、その土地が住宅用地として使用されている場合、土地に対する固定資産税評価額が3分の1(戸建住宅の場合)、または6分の1(賃貸マンションの場合)になり、建物に対する固定資産税は2分の1になります。
つまり、土地は所有しているだけで課税の対象となりますが、その土地の活用方法如何で軽減が可能になるのです。

固定資産税評価額:固定資産税、都市計画税、不動産取得税など、土地と建物にかかる税金の基準となる価格

1.安定収益

近年、株式投資が人気を集めています。しかし、株価の変動に左右される株式投資が必ずしも最善の資産運用方法とはいえません。
5年後、10年後、そして次世代に利益を残すことをお考えであれば、「マンション経営(=賃貸マンション経営)」という方法があることに着目してください。賃貸マンションは、毎月一定額の家賃収入をもたらします。また、土地を住宅用地とすることで、固定資産税の軽減が図れます。 老後の生活資金の確保として、親から子、子から孫へ受け継ぐ資産として有益です。また、遊休地をもてあましているのであれば、マンション経営による収益が魅力的です。

2.土地活用の種類

「節税対策」と「安定収益」を成すための5つの手法をご紹介します。

1.自己利用
(自分で使う)
農地、駐車場、倉庫など、目的にあわせて土地を自由に使う土地活用です。
固定資産税などの税金から開放されますが、使うほどに土地が減ります。
2.駐車場など
(土地を貸す)
少ない投資で気軽にできる土地活用です。
ただし、駐車場の稼働率が低いと収益がマイナスになる可能性があります。
3.事業用定期借地
(土地を貸す)

50年間土地を他人に貸し、50年後に更地に戻して返却してもらう土地活用です。
ただし、契約期間満了まで、ほかの用途への転用ができません。

4.賃貸住宅
(土地と建物を貸す)
賃貸マンションやアパートなどの住宅建設をおこない、その賃料で収益を得る土地活用です。
継続的に借主が見つかれば、安定した収益が可能です。
また、住宅用地による相続税や固定資産税の節税対策にもなります。
5.店舗・倉庫
(土地と建物を貸す)
商業施設や店舗の建設をおこない、その賃料で収益を得る土地活用です。
継続的に借主が見つかれば、安定した収益が可能です。

土地活用形態による比較表

活用例 収益性 収益の安定性 固定資産税対策 相続税対策
自己利用
×
-
×
×
駐車場など
×
×
事業用定期借地
×
×
賃貸住宅
店舗・倉庫
×

土地活用は神興建設で

土地活用には相続税対策と安定収益があり、土地活用を効果的に成し得る手段として、5つの手法があります。この手法を駆使すれば、相続税対策と安定収益を上手に両立させることも可能です。

しかし、最近の土地価格情勢、あるいは短期譲渡による課税などにより、残念ながら有益な土地活用に至っていない事例も多々見受けられます。
神興建設は土地活用について、画一的なご提案はいたしません。お客様一人ひとりの状況や条件を慎重に検討し、最善のプランをご提案いたします。